新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Crezit NewsLetter 02

こんにちは!Crezitの何でも屋、大野エイトです。
国内外の1週間のフィンテックニュースをまとめた 、
“Crezit NewsLetter” を毎週金曜日朝9時に配信致します!
Twitterや日々のニュースを見ながら情報過多だなあと感じられている方へ、分かり易く全文読める記事を数個集め、「Crezit NewsLetterを読めば1週間の流れが数分で大体分かる」と思っていただけることを目指しております。
もし宜しければこちらのCrezit公式noteをフォローしていただき、毎週ご覧いただけると嬉しいです!

それでは早速今週のCrezit NewsLetterです!

①マネーフォワード、オンライン融資サービスを終了

事業者向け融資サービスのマネーフォワード ビズアクセルが終了されました。「融資や審査モデルの知見は、別子会社で請求代行サービスを手がけるMF KESSAIの与信審査などに生かす」との事です。

②黒字化が見え始めた海外チャレンジャーバンク最新動向

STRIVEの根岸さんがチャレンジャーバンクについて書かれたとても分かりやすいnoteです。市場全体の動向、各社の収益化に向けた戦略等、筆者も大変勉強させていただきました。

③投信・保険、ネットで一括販売へ 改正金販法成立

これまでは銀行、証券、保険を別々に提供しなければならなかったのですが、金融商品販売法が改正され、金融サービス仲介業が始まると、これらを横断的に提供する事が可能となります。

スクリーンショット 2020-06-11 午前10.36.13

スクリーンショット 2020-06-11 午前11.55.01

参照元:金融庁「金融サービスの利用者の利便の向上及び保護を図るための
金融商品の販売等に関する法律等の一部を改正する法律案」

ユーザーからすると、複雑な金融商品を分かりやすく管理出来るようになりました。今後金融商品を横断的に比較するツールや管理ツールが増えていくと予想されます。

④インドの個人向け融資比較サイト「BankBazaar」、シリーズD1ラウンドで600万米ドルを調達——Amazon、Sequoia Indiaなどから

今回の調達資金で非接触型の個人向け金融商品を提供する予定だそうです。クレジットスコアで広くユーザーを集め(20年2月時点で4,000万人)、各ユーザーに適した金融商品を訴求するクレジットカルマやクレジットセサミ同様のスマートなビジネスモデルだと感じております。

⑤信用スコアの「実力」が新型コロナ禍で浮き彫りに、LINEが少額金融事業を加速

アコムをはじめとする個人向けローン市場自体が下降する中、LINE Credit は月間新規申込者数が増加しています。外出を懸念しオフライン店舗での借入ではなくオンラインで借入出来る点や、LINE Pocket MoneyからLINE Payへチャージし決済や現金化までの導線が分かりやすい点、そしてシンプルに顕在層へリーチできるLINE Scoreの存在とプロモーション力が大きな理由かと思っております。

最後に

いかがだったでしょうか。Crezit NewsLetter は皆さんのお役に立てるニュースレターとなることを目指しています。「もっと海外企業の資金調達等が知りたい」、「掲載記事数を増やして欲しい」などご要望がありましたら是非、私大野エイトか代表の矢部にご連絡ください。

また、Crezit は絶賛採用中です。募集職種や応募はこちらからお願い致します!

著:大野エイト

8
モバイルクレジット「CREZIT(クレジット)」を運営するCrezit株式会社のマガジンです。プレスリリースやお知らせ、メディア情報などに加えて、会社の雰囲気を伝えれるようなコンテンツを配信していきます。 サービス情報は是非こちらから! https://crezit.jp/

こちらでもピックアップされています

Crezit NewsLetter
Crezit NewsLetter
  • 6本

「Crezit NewsLetterを読めば1週間の流れが数分で大体分かる」と思っていただけることを目指しております!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。