新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Crezit NewsLetter 03

こんにちは。Crezitの矢部です。
普段はインターンのメンバーに書いてもらっているのですが、今回は気まぐれで私が書いてみました。宜しくお願いします!

インターンの大野中心に国内外の1週間のフィンテックニュースをまとめた 、“Crezit NewsLetter” を毎週金曜日朝9時に配信しています。Twitterや日々のニュースを見ながら情報過多だなあと感じられている方へ、分かり易く全文読める記事を数個集め、「Crezit NewsLetterを読めば1週間の流れが数分で大体分かる」と思っていただけることを目指しております。

もし宜しければこちらのCrezit公式noteをフォローしていただき、毎週ご覧いただけると嬉しいです!

①J.Score関連のニュース


今週は珍しくJ.Scoreに関連するニュースが2つ入ってきました。1つはトヨタの決済アプリである「TOYOTA Wallet」との連携。TOYOTA WalletとのID連携により、アプリ上からの遷移を作ったようです。

画像1

もう一つの提携はPayPayとのものになります。日経記事中で気になったのは下記の部分です。

個人向け融資はみずほ銀行とソフトバンクが共同運営する「Jスコア」を使う。
今後はペイペイの利用者向けの融資拡大をめざす。ペイペイの利用者の決済履歴などのデータは個人情報保護のためJスコアでは使わない。

PayPayがスーパーアプリ化と、その中核として様々な金融サービスをアドオンしていくことを発表して久しいですが、先日のリリースではPayPayトップ画面の「お金を借りる」からの遷移先としてはジャパンネット銀行のカードローンが用意されていることが公表されました。
今回の記事の中で伝えられているJ.ScoreとPayPayの提携は、こと個人向けローンの文脈では完全にバッティングしています。また、せっかくのグループ企業間の連携であるにもかかわらず、決済データとJ.Scoreのスコアデータの紐付けを行わない/行えないという点も気になりました。

私のアイデアとしては、ジャパンネット銀行の保証をSMBCCFからJ.Scoreに変えて、リスク移転という意味ではグループ内なのでいまいちですが、データ連携など意図としてはより良い形を作れるのではないかと思いました。

今後、どちらもソフトバンク・ヤフーグループ企業ではあるので、どうやって事業を区分け・整理していくのか。LINEとの合併後の事業構成も含めて非常に気になるところです。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000027452.html

②アジアの新興フィンテック企業投資、コロナで大幅減

新型コロナウイルスの影響で2020年1~3月期の世界のスタートアップ投資は大きく冷え込んだが、非接触決済などへの関心が高まっているフィンテック分野も例外ではない。地域別にみると、感染がいち早く拡大した中国で真っ先に打撃を受け、アジア全体でもフィンテックスタートアップへの投資は金額、件数とも前四半期に比べて大幅減となった。

コロナの影響もあり、スタートアップ全般からはずれることなくフィンテックスタートアップへの投資も冷え込んだ様子。ただ、アフターコロナの世界観において、非対面取引の重要性は今後も継続的に増え続けていくことを考えたときに、フィンテックスタートアップの成長機会はまだまだある可能性がたかい。特に国内の金融サービス全般はまだまだオンライン化が進んでいない現状は、私たちにとってはポジティブかもしれないと感じた。

③割り勘アプリが規制の対象へ【改正資金決済法①】

資金決済法の改正で収納代行業への一部規制適用が実施されました。ZeLoの南さんがとても勉強になるnoteを書かれていたのでシェアさせていただきます。


④キャッシュレス決済のさらなる推進へむけてCAFISで新料金の提供を開始

ここ一週間はほとんどCAFISの価格改定で持ち切りだったと言っても間違いじゃないかもしれません。CAFIS安くなるのは素晴らしいとは思いつつ、金融庁のオープンバンキングの流れ、銀行APIの解放路線に対して、即時口振が安くなればそっちの方が便利という状態ができてしまのかなと思いました。


最後に

いかがだったでしょうか。Crezit NewsLetter は皆さんのお役に立てるニュースレターとなることを目指しています。「もっと海外企業の資金調達等が知りたい」、「掲載記事数を増やして欲しい」などご要望がありましたら是非ご連絡ください。

また、Crezit は絶賛採用中です。募集職種や応募はこちらからお願い致します!



8
モバイルクレジット「CREZIT(クレジット)」を運営するCrezit株式会社のマガジンです。プレスリリースやお知らせ、メディア情報などに加えて、会社の雰囲気を伝えれるようなコンテンツを配信していきます。 サービス情報は是非こちらから! https://crezit.jp/

こちらでもピックアップされています

Crezit NewsLetter
Crezit NewsLetter
  • 6本

「Crezit NewsLetterを読めば1週間の流れが数分で大体分かる」と思っていただけることを目指しております!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。