見出し画像

Crezit NewsLetter 04

こんにちは。Crezitの何でも屋、大野エイトです。
国内外の1週間のフィンテックニュースをまとめた 、
“Crezit NewsLetter” を今後は毎週金曜日朝11時に配信致します。
Twitterや日々のニュースを見ながら情報過多だなあと感じられている方へ、分かり易く全文読める記事を数個集め、「Crezit NewsLetterを読めば1週間の流れが5分で大体分かる」と思っていただけることを目指しております。
もし宜しければこちらのCrezit公式noteをフォローしていただき、毎週ご覧いただけると嬉しいです。
それでは早速今週のCrezit NewsLetterです。

①独ワイヤーカード、不正会計により破産申請

ドイツでオンライン決済を手がけるワイヤーカードが破産申請をすると発表しました。前CEOマークス・ブラウンが、会社の収入の4分の1にあたる19億ユーロ(約2280億円)を多く偽り、株価を操作した疑いで逮捕され、釈放金を支払い釈放されましたが、依然19億ユーロの存在有無や分からない状況です。債務超過になることは避けられず、今回の判断となった様です。同社は今年4月にソフトバンクグループからも出資を受けており、ワイヤーカードの行く末とソフトバンクの投資基準が今後どう変貌していくのか注目しております。

②アマゾンがゴールドマン・サックスと提携で「金融」を強化

アマゾンが米国内の販売事業者向けにオンラインローンの提供を開始すると発表がありました。提携したゴールドマンサックスのオンライン融資・貯蓄部門マーカスの貯蓄口座の預金残高は今年1月に600億ドル(約6.4兆円)を突破しているとの事です。

文章一部引用:ゴールドマンのオンライン融資・貯蓄部門「マーカス」から最大100万ドルの融資を受けられるようになる。これはリボルビング方式の貸し付けで、金利は6.99%〜20.99%の固定金利となる。

アマゾンはこれまでアマゾンレンディングというこれまでも事業者向けの融資を行ってきました。アマゾンレンディングと今回の大きな違いは融資実行主体が自社か他社であるかという点です。アマゾンレンディングは自社(バンク・オブ・アメリカとサービス開始6年後に提携)、今回のサービスは他社、つまりゴールドマンサックスが融資実行主体です。
アマゾンが金融領域をどう開拓していくかはこの記事を読むと少し分かります。

③ブラジルで開始したばかりの「WhatsApp」電子決済、早くも停止に

ブラジル中央銀行がVISAとMastercardにWhatsAppを介した決済・送金を停止するよう命じたとありました。

文章一部引用:同行はこの決定を、「相互運用性、スピード、安全性、透明性、オープン性を備えた安価な決済システムの機能を確保する、適切な競争環境を保つ」ためとしている。

WhatsAppの決済以前に、そもそもリブラがどうなったのかはこちらの記事を読んでいただけると分かりやすいかと思います。今年4月に発表されたリブラ白書2.0では、マネーロンダリング対策強化や、発表当時の内容とは大きく異なる各国通貨と同価値のリブラ(ドル・リブラ、ユーロ・リブラ等)を手がけていくとの事です。
全く新しいリブラだけを展開することは難しいのかもしれませんが、個人的には新しいリブラの発表はこれまでの仕組みを大きく変えるものとは感じにくく少し残念でした。

④トヨタ系ら85億円出資したSYNQA(シンカ)、企業を「フィンテック化」させるその手法

前Omise HoldingsのSYNQAがシリーズC調達をしたと発表がありました。
今回の調達は時間を買う為との事で、買収や組織拡大が主な資金用途だとあります。
エンタープライズへの導入支援が一番伸びており、強みである決済とブロックチェーンを重ね、TOYOTA Walletをはじめとする企業のフィンテック化を目指すとの事です。
ここで触れている「全ての企業はフィンテック化する」という考え方は今後具体的に各社取り組んでいくと思うので、Amazonをはじめ各社ごとにまとめてみようかとも思っています。

最後に

いかがだったでしょうか。Crezit NewsLetter は皆さんのお役に立てるニュースレターとなることを目指しています。「もっと海外企業の資金調達等が知りたい」、「掲載記事数を増やして欲しい」などご要望がありましたら是非、私大野エイトか代表の矢部にご連絡ください。
また、Crezit は絶賛採用中です。募集職種や応募はこちらからお願い致します!


著:大野エイト

8
モバイルクレジット「CREZIT(クレジット)」を運営するCrezit株式会社のマガジンです。プレスリリースやお知らせ、メディア情報などに加えて、会社の雰囲気を伝えれるようなコンテンツを配信していきます。 サービス情報は是非こちらから! https://crezit.jp/

こちらでもピックアップされています

Crezit NewsLetter
Crezit NewsLetter
  • 6本

「Crezit NewsLetterを読めば1週間の流れが数分で大体分かる」と思っていただけることを目指しております!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。