【教えて!Yabebe-san!vol.4】私まだ、YouTuberになる夢、諦めてないんですけど……。
見出し画像

【教えて!Yabebe-san!vol.4】私まだ、YouTuberになる夢、諦めてないんですけど……。


ManuとYabebe-sanの1on1でのひとコマ…‥
※Crezitでは、代表Yabebe-sanやCOO Ryota-sanとの1on1が所属部署関わらず、月に1回以上行われます。

登場人物
Yabebe-san
:紹介不要の我らが社長!最近、めでたいこと続きで絶好調!Yabebe-sanの近くにいるといいことあるかも♪
Manu
:2021年8月ジョインした、1人目HR。金融ドメイン知識を勉強中📝 家賃審査落ちしたり、水道止まったりしますが、元気に頑張ってます🔥

ーYouTuberになるのはいいじゃん!でも、年収は落とさないようにするのが、良さそう。

Manu:
Yabebe-san、私実はYouTuberにあこがれていて……。
将来的にはYouTuberになれたらなって思っているんですが、心配していることがあって。
YouTuberって、まだ世の中的に職業として確立してないから、「与信」とかって意味だと会社員から失う信用があるんじゃないかって思ってるんですよね。

Yabebe-san:
YouTuberになって失うかもしれない信用か〜……。
難しいですね〜。

まあ、まずいわゆる、社会通念的な信用っていうのは、まだ世の中的にはそんなにないかもしれないですよね。とはいえ、一昔前と比べると、かなり仕事として認知されてきてはいるし、「職業:YouTuberです」っていうのも、昔よりは周りに言いやすい時代になってきているとは思いますね。なので、そこはそんなに心配しなくてもいいところかもしれません。

一方で、金融業に照らし合わせて考えてみると、YouTuberだからというよりも、個人事業主になるという意味でリスクは増えます。例えば、vol.1とかで話した家賃保証がなかなか通りづらかったりとか、あるいは、クレジットカードの審査に通りづらかったりとか。そういう就業形態上の負担というのは、いまの社会だとまだあるのかなと感じています。

あと、何より重要なのは年収ですよね。年収が落ちちゃうんだったら相対的に与信枠は下がるので。独立した後に、カードをつくるときとかは、そういったことが密に関わってきます。

なので、YouTuberになることは問題ないと思うんですけど、何より重要なのは年収を下げないってことかもしれませんね。元も子もないですけど。

Manu:
なるほど〜。

Yabebe-san:
逆に、ほら、HIKAKINさんとかを見てみると、いくらでも家だって何だって借りられてると思うし、むしろ金融機関さんもみんなお客さんにしたい人ですよね。

Manu:
そっかそっか、そうですよね〜。
やっぱ成功したYouTuberになった暁には、タワマンに住んでみたいんですけど、さっきの家賃保証が通りにくくなるんじゃないかっていう話と少し相反しますよね。

Yabebe-san:
それが、年収が大事といったことにつながってきますね。
vol.1でも話したとおり、審査でみられる項目に「年収」がありますから。

どんなに知名度があっても年収が低ければ、都内でタワマンは借りられないだろうし、家を買おうと思った時にローンも組めないと思います。

例えば、審査のときに年収証明となるものを3年分出してくださいとかってあると思うんですけど、それは個人事業主とかで「勤続」が測れない人の「安定性」「持続性」みたいなところを見る指標となりますね。

Manu:
なるほど〜、たしかに3年間トップYouTuberだと、もう安定してますもんね。

Yabebe-san:
こと、YouTuberに限った話でいうと、家を「個人事業主」として借りるのか、はたまた法人化して「法人」として借りるのか、所属している「事務所」が借りてくれるのかでも与信問題は変わってきますよね。
一方で、すごく成功しているYouTuberさんだったら、キャッシュで家を買っちゃおうという人もいるだろうし……。そもそも「借りる」とかを、考えないという人もいるかもしれないですね。そうなってくると、それはもはや、信用がいらない世界です。

Manu:
たしかに、信用ってそうですよね。今すぐには払えないから、その先の自分を信じてもらって、お金を借りるってことですもんね。

Yabebe-san:
そうですね、もうちょっと生々しくいうと、借りたもん返せるのかって話ですからね。
要するに、金銭的な貸付でいうと、その人が金を返せるのか、つまり、稼ぐ能力があるのか?ってことがすべてですからね。
だから、いまもうすでに十分に稼いでいる人は、お金を借りる必要ががそもそもなくて、すべてキャッシュで払っちゃえばいいんですよ。

超有名YouTuberとかでタワマンに住んでいらっしゃるような方々は、その信用がいらない世界の住人の方々なんじゃないかなって思いますね。

Manu:
そうか〜、信用とか与信とかを考えない人がいるってことを考えたことがなかったですが、言われみれば確かにそうですよね〜。
ちなみに、私の将来の夢はYouTuberになったわけですけど、Yabebe-sanの将来の夢はなんでしょう?

Yabebe-san:
ん〜、いま真面目な話しても聞いてもらえないだろうから、
Manu-sanに合わせていくと、信用がいらない世界みたいに住んでみたい!(笑)(笑)
すべて現物でやり取りできちゃう世界(笑)

Manu:
(笑)(笑)

……こうして私たちの1on1は今日も楽しく終わっていくのでした。

Crezitは絶賛採用活動中です!!
カジュアル面談も、このくらい軽い気持ちでご参加ください♪
詳しくは👇

終わりに

Crezitでは、まだまだ新しい仲間を募集しています!
テクノロジーによって新しい時代の信用の仕組みを創っていくことに興味がある方、シード期スタートアップでゼロから事業や組織を創っていくことに興味がある方、記事を見て少しでもCrezitに興味を持った方は是非こちらのリンクよりご連絡ください。
まずはカジュアルに色々なお話ができればと思っています!

👉Yabebe-sanカジュアル面談フォーム
https://bit.ly/crezit-casual

👉Crezit採用サイト
https://career.crezit.jp/
スキありがとうございます!チーム一同喜びの嵐です!
Crezit株式会社の公式noteです。Crezitのメンバーの人柄やカルチャーを中心に発信していきます。