40年以上金融業界に従事するスペシャリストが、Crezitで実現したい金融の未来とは
見出し画像

40年以上金融業界に従事するスペシャリストが、Crezitで実現したい金融の未来とは

こんにちは、Crezit公式noteです。

Crezitにも新しい仲間が増えてきました!それぞれがどんな想いで入社し、働いているのかをお届けします。

今回はCS/Operationの矢野 修司に話を聞きました。

プロフィール
矢野 修司 / Shuji Yano
CS / Operation
大学卒業後、日系大手信販会社、GEキャピタルコンシューマーファイナンス等を経て、2015年よりPaidyにてオペレーションマネージャー兼コレクションリーダーとしてBNPL事業立上げにおける体制構築と運用をリード。40年以上に渡って信販・クレジット業界に身を置いてきた金融業界CS/Operationのスペシャリスト。
2021年6月にCrezitへ参画。広島県出身、現在は住みやすい街No.1の神奈川県本厚木にて暮らす。


-これまでのこと、教えてください

広島出身で、現在は神奈川県本厚木にて単身生活をしております。家族は京都に居住しており、孫も高校生を筆頭に3人おります。

大学卒業後は信販・クレジット業界に就職し、以来約40年間信販・クレジット業界に勤務。国内、外資での信販・クレジット会社にて個品割賦事業やクレジットカードのSales、Operation、Collection、Marketing担当者やIntegration担当と幅広く経験をしてまいりました。

社会人になった当初は、Salesで数多くのリーダーの方々とお会いする機会をいただきました。業務のみならず、様々な情報交換ができ、楽しく充実した日を過ごさせてもらいました。当時、あるリーダーから頂いた言葉「どんな仕事でも、時代の流れに乗り遅れないように先手先手を読み知恵を出すこと」は、その後他部署へ異動した後も、また今となっても、自分自身の軸となっています。常に考え知恵を出すように、良いものは取り入れ、不要なものは変えていくよう提案し、どのような仕事・業務においても、常に何を求められているかを考え知恵を出すことが楽しく、提案した内容が業務に貢献でき成功すれば仕事が楽しくなり、今日まで仕事を続けることができています。

画像1


-Crezitに入社するきっかけは?

2020年5月に株式会社Paidyを退職し、約1年間のんびりしておりましたが、やはりこのまま老後生活に入るのは納得が行かず、まだまだ金融業界にも未練を感じていたところCrezitを見つけました。

正直、初めて面接で皆さんにお会いしたときは、私の経験やスキルが通用するのか、どのようなスキーム、システムで業務を推進しているのか、加えてメンバーも若い方・専門スキルの高い人が多く、本当に自分が貢献できるのか不安を感じながらお話をしたことを覚えています。しかし、Yabebe-san(矢部)、Ryota-san(村井)から現在の状況と今後のビジョン、目標、今後Crezitの金融業界にとっての役割などについてお聞きし、Dai-san(大森)からは現状CS/Operationの状況と私へのミッションについてご説明いただき、これまでの経験、スキルを活かし他社にはない斬新なアイデアが必要だとおっしゃって頂き、ぜひ色々な提案をしていきたい環境だと確信しました。

まだ、設立して若い会社ながら、スマホでの金融を行う会社の斬新なビジネスと熱い思いにも共感し、今までの経験を生かしてCrezitへ貢献ができたらとの期待感と、Yabebe-san、Ryota-san、Dai-sanとお話し、今の金融業界に無い革新的で大胆なアイデアや開発への熱い想いを感じ入社を決意いたしました。


-入ってみてどうですか??

入社して、まず驚いたことが、社内でみんなが下の名前やニックネームで呼び合っていることでした。正直いままで同僚や上司をニックネームで呼んだことない世代の私は多少抵抗感がありましたが、アットホームな雰囲気にすぐに慣れ、今では私自身抵抗感なく皆さんのことをニックネームで呼んでます。

皆さん若いのですがそれぞれのスペシャリスト集団で、高いスキルとモチベーションを持たれている方が多く、それでいて気持ちのやさしいメンバーです。そうして今では私もJ-san (*)と呼ばれ、何の抵抗感もなく毎日充実し業務を行っております。

(*)Paidyにて主に外国人エンジニア達からコードネーム"G"で呼ばれていたことが由来。Crezitでは若々しさを出すためにコードネーム”J"になりました。


- 今、どんな仕事をしてますか?

・CS/Operation体制作り                                               ・プロセスの構築、                                                                   ・カスタマーセントリックなCS、                                           ・CSの自動化(AI導入)                                                                         ・リーンなOperationの設計                                     をこれまでの信販・クレジット経験を活かして、利便性が高くスピードのあるがっちりした仕組み作りを目標に行っております。

画像2


-これから、どんなチャレンジをしていきたいですか?

確かに昨今、色々と便利なものもでてきました。ですが、そんな今でも古い物古い考えが必要な時があります。うまく古いものと新しいものを融合させた、素晴らしいCS/Operationスキームの開発と構築をしていき、この業界で評価していただけるOperationやシステム設計に貢献したいと思っております。

また、今後、金融業界も人が行っていた業務をAIを活用することで、オート化された仕組み作りを進めて行くべきだと思います。例えば、Operation業務では、担当者が毎日PCを操作して入力作業をする時代は終わると思います。車も人がハンドルを握ることなく自動運転が可能となる時代もそう遠くない未来であると同様に、金融業界も同様でお客様に個人情報を登録していただくことが無く、携帯やマイナンバーカードをかざすだけで登録が可能となり、数分、数秒で借入や返済が可能となる時代がすぐそこまで来ていると思います。そんな未来を見据えたソリューション作りの提案をしたいと思っております。


- 最後に意気込みを教えてください!

人生100年時代とも言われてます。                                       まだまだ、色々な方と出会い、様々な事へのチャレンジ精神を忘れず、メンバーと楽しく喜びを感じる仕事をしていきたいと思っております。

画像3


終わりに

Crezitでは新しい仲間を募集しています!
テクノロジーによって新しい時代の信用の仕組みを創っていくことに興味がある方、シード期スタートアップでゼロから事業や組織を創っていくことに興味がある方、記事を見て少しでもCrezitに興味を持った方は是非こちらのリンクよりご連絡ください。
まずはカジュアルに色々なお話ができればと思っています!


嬉しい!今日も社長がテンションあがりそう〜!
Crezit株式会社の公式noteです。Crezitのメンバーの人柄やカルチャーを中心に発信していきます。