大手外資系金融出身の広報パーソンが語る、Crezitの魅力
見出し画像

大手外資系金融出身の広報パーソンが語る、Crezitの魅力

こんにちは、Crezit公式noteです。

Crezitにも新しい仲間が増えてきました!それぞれがどんな想いで入社し、働いているのかをお届けします。

今回はPR AdvisorのSaiki-sanに話を聞きました。

プロフィール
斉木愛子 / Aiko Saiki
PR Advisor
2020年3月より業務委託でCrezitの広報をサポート、Crezitのメディア露出に貢献。
2歳と3歳の男の子のママ
大学卒業後、大和証券SMBC(現大和証券)にて債券セールス、プライベートバンカーとして勤務。その後、UBS銀行、Credit Suisse銀行シンガポール支店に勤務後、仮想通貨・ブロックチェーン企業のbitFlyerにて広報・渉外業務を従事し、ブロックチェーン協会広報も兼務。独立後、フリーランスとしてスタートアップ中心に広報・渉外支援に携わる。2020年、株式会社PRASに参画しCFOを経て取締役就任(現職)。ファイナンス修士(専門職)Master of Business Administration


-これまでのこと、教えてください

新卒では大和証券に入社し、最初の5年間は債券部門で法人向けにトレーディングやセールス業務に従事していました。その後、プライベートバンキングという個人の富裕層クライアントを中心に資産管理の業務に携わり、その業務経験をもとにUBS銀行東京支店に転職、結婚したタイミングで夫の住んでいたシンガポールに移住して、クレディスイス銀行シンガポール支店に転職しました。シンガポールで第一子を出産したタイミングで夫の日本帰国が決まったので、それに合わせて私も日本に帰国し、bitFlyerという仮想通貨・ブロックチェーン企業に転職して営業から広報の仕事にキャリアチェンジし、その経験を生かして2019年に独立して今はベンチャー企業を中心に広報支援にあたっています。


-Crezitとの出会い、きっかけは?

私が籍を置くPRASというPR会社の代表のTwitterアカウントに矢部さんがDMを送ったことがきっかけです。そこでフィンテック系の支援を中心に動いている私がPRアドバイザーとして関わらせていただくことになったのが2020年3月からですね。いつもTwitterをうまく活用して採用や協業先にコンタクト取られている矢部さんを見ていて世代のギャップを感じてしまったというか(笑) 自分が古い金融業界出身なので矢部さん含めたCrezitメンバーのフットワークの軽さがいつも凄いなぁと思っています。

-ジョインしてみて、どうですか?

私がいまPRアドバイザーを務めているのはフィンテック企業が多いのですが、いずれも規制業種の中でハードルの高いチャレンジをしています。なかでもCrezitは既存の金融機関をDisruptする(破壊する)でも、Replaceする(置き換わる)でもなく、うまく融合して新しいことに挑戦しているという点が特長だなと思っています。

よくメディア取材をアレンジして、矢部さんのインタビューに同席しているのですが「競合はどこですか?」という質問に対して国内に完全に重なるビジネスモデルの競合がいないので、記者の方からも唯一無二の希少な存在ですねと言われています。

画像1


-Crezitでは、いまどんな仕事をしていますか?

スタートアップ企業あるあるだと思うのですが、本当にスピード感がある事業成長をしているので、3ヶ月毎に注力している業務は変わってきていますね。

昨年の3月に関わった直後は、BtoC向けのサービスローンチ直前だったため、急いで広報戦略をたてて、プレスリリースを通じて世間にサービス認知を広げることをしていましたが、直近ではBtoC事業で培った与信データをもとにBtoBtoC事業、以前から構想していたCredit as a Servise(CaaS)*の事業がメインとなったので、それに伴って変わったステークホルダーに向けた企業認知拡大や企業ブランディング向上に注力しています。

来月からは採用広報にも力を入れていく予定です。

(*)Credit as a Service:ローンや分割払いなどの消費者信用事業を立ち上げたいあらゆる企業に対して、必要なシステム基盤やオペレーションをワンストップで提供する与信プラットフォーム。先日、サービスの第一弾『Sukima Credit』をリリース。


-これから、どんなチャレンジをしていきたいですか?

これまでコンスタントにメディア露出を通じた発信はできてきたかなと思いますが、まだまだ業界内のたくさんあるフィンテック企業の中では認知獲得の伸びしろはあるなと思っていて、そこに貢献していきたいですね。

昨年、日経CNBCというテレビ番組に出たり、今月も東洋経済という雑誌のすごいベンチャー特集(*)に掲載していただいたのですが、こういった露出をきっかけに社内のメンバーが喜んでくれたり記者の方から「よい会社を紹介してくれてありがとう」と言われると私もすごく嬉しくなります。

(*)週刊東洋経済Plus:『すごいベンチャー100 2021年最新版』

来月からは採用広報という新しい分野での広報活動に注力していくので、是非関連発信を楽しみにしていてください!

画像2

終わりに

Crezitでは新しい仲間を募集しています!
テクノロジーによって新しい時代の信用の仕組みを創っていくことに興味がある方、シード期スタートアップでゼロから事業や組織を創っていくことに興味がある方、記事を見て少しでもCrezitに興味を持った方は是非こちらのリンクよりご連絡ください。
まずはカジュアルに色々なお話ができればと思っています!


嬉しい!今日も社長がテンションあがりそう〜!
Crezit株式会社の公式noteです。Crezitのメンバーの人柄やカルチャーを中心に発信していきます。